着物クリーニング宅配


着物クリーニング宅配|浴衣・帯・七五三・きものの洗濯配送02


宅配クリーニングと浴衣の雑学

浴衣の語源は湯帷子からきています。昔、高貴な人が入浴の際に来ていた麻の単衣が浴衣の発祥です。帷子というのは麻の単衣のことです。庶民間で広まり、クリーニングする人が増えてくると、素材が麻から綿に移行してきました。浴衣は晴れ着なのです。お祭りの時の晴れ着です。山車とひく人や御輿を担ぐ人の中では浴衣は礼装として扱われていました。なので、お祭りでは浴衣は晴れ着として立派に洗濯されてきたのです。晴れ着のはれというのは、特別な日で待ち望んでいた日と解釈宅配宅配するようです。昔、江戸では粋な風習として、ひと夏に1枚の浴衣を着こなしその年の夏しか着ないというのが粋とされていました。その夏に着た浴衣は雑巾や赤ちゃん用のオムツに利用していたそうです。浴衣がお洒落に使われていたのです。もっとも最近の女性達もそんな江戸の粋が流行っているようです。毎年新しい浴衣を購入している人が増えています。着物となると金額的に考えてしまいますが、浴衣は手頃な価格で手に入ります。普通に、きものを買うような感覚なのではないでしょうか。金額もセット5,000円以下で購入できるところもあるくらいなのです。浴衣の素材の良し悪しは別として、違う柄の浴衣を毎年クリーニングするのであれば、嬉しい価格です。それでも、一度は自分のサイズで仕立てた浴衣も試して欲しいです。浴衣のクリーニングも自分サイズの浴衣の方がやりやすいです。それに、粋な感じもして良いです。夏に向けて粋で素敵な浴衣が見つかると良いです。浴衣のクリーニングをしっかりして、夏のイベントにお出かけは楽しみです。

着物のしまい方と洗濯

年間を通して、着物をクリーニングする頻度は男女問わずそう多くはないでしょう。着物をクリーニングする仕事をしている場合を除けば、成人式や卒業式、あるいはパーティーなど、数える程度の機会しかありません。そういった催しがない場合は、ほとんど家の中で眠っていることになります。着物においては、このしまっている状態が非常に重要となります。着物のクリーニングを宅配宅配する場合、当然クリーニングの仕方は重要ですが、それ以上に重要なのが着物の状態です。例えば、シワが目立つような着物を着てしまうと、いくらクリーニングが完璧にできていても台無しですね。そういう意味でも、しまい方はとても大切になってきます。着物の状態をキープ宅配宅配するためには、まずしっかりと畳むことが重要です。いい加減な畳み方を宅配宅配すると、シワができてしまいます。着物のたたみ方は、「本だたみ」をはじめ、「長襦袢だたみ」「夜着だたみ」「羽織だたみ」「袋帯だたみ」「名古屋帯だたみ」などがあり、着物の種類によって畳み方が決まっています。基本的には、着物は本だたみでたたむのが一番妥当でしょう。しっかりと畳むということも重要ですが、それだけでは着物の質は保存できません。定期的にタンス等から出して虫干ししたり、外に干して風を通すなどしておきましょう。それによって、着物が傷むのを防ぐことができます。また、シミなどができていないかも定期的にチェックしておきましょう。もしもシミがついた場合は、跡が残らないように早めにクリーニングに出しましょう。

奥様のクリーニングとクリーニング宅配

きものの本当の味が出るのは、ミセスのなかでも特に、ある程度の年齢になった奥様になってからといわれます。若々しいお嬢様とは違い、また、若いミセスとも違う、ふんわりとした、包み込むような内面的なふくよかさや女性らしさがにじみ出てくるからでしょう。したがって、ある程度年齢を増した奥様のクリーニングは、女性として豊かさや、上品なお色気を感じさせるように仕上げるのが、年齢に見合った、美しいクリーニングとなります。また、着こなしに、きものをお召しになる方それぞれの個性が出てくるのもこの年代ならでしょう。●衣紋(えもん)・・・衣紋は、やや抜きかげんにします。7センチから8センチくらいが適当でしょう。半えりも心もち多めに出すと、やわらかい感じになります。●胸の合わせ・・・ゆったりと合わせます。●帯・・・帯は、腰骨にかけて下めに結ぶと落ち着いた雰囲気になります。*同じミセスでも、若い奥様の場合は、お嬢様よりは低めですが、熟年のミセスよりもやや高めにします。おたいこは、山を低めにし、下部をふっくらとふくらませると、奥様らしい落ち着きが出ます。また、おたいこの下側やたれを斜めに宅配宅配すると、やわらかさと、たおやかさが生まれます。●帯締め・・・帯幅の3分の1の位置に締めます。*若いお嬢様の場合は、帯締めは帯幅の2分の1の位置にしめると初々しい、若い美しさが引きたちます。一方、お歳を召した方の場合は、帯締めの位置を下めに締めると、年配らしい落ち着きと貫禄が出ます。奥様と一口でいっても幅がありますので、それぞれの年代に合わせて調節なさるとよいでしょう。